Post Image

一度は見てみたい、UXデザインポートフォリオの8つの例

By tomotaka@xenon.io on 23rd 12月, 2021 Updated on 9th 3月, 2022

UXデザイナーにとって、ポートフォリオの作成は重要な第一歩です。ここではあなたの最高の作品を紹介し、あなたのスキルと個性を輝かせることができます。 採用担当者や潜在的なクライアントはあなたを採用する前に、あなたのポートフォリオサイトを見たいと思うでしょう。これはあなたがこの業界に入ったばかりの人でも、次のステップを探している先輩でも同じです。 ポートフォリオで紹介する作品は、最終的に雇用者やクライアントがあなたをどのように見ているか、そしてあなたを採用するかどうかを決定します。しかし、UXデザインに関しては、何を提示するかだけでなく、どのように提示するかが重要です。あなたのウェブサイトは、実はあなたの仕事の一部なのです。

  1. Alex Lakas

Alex Lakasは、誰もが使う製品に10年以上携わってきた経験を持つUXデザイナーです。彼はLinkedInのフィードのリニューアルに参加し、Google Mapsの検索ページを今日のようなモダンなデザインにしました。 Lakasはサイトにアクセスした瞬間に、彼の経験を示す1行のバイオグラフィーによって、彼の能力を明らかにしています。 スクロールすると短いながらも正確な顧客リストが表示され、そのほとんどが有名企業です。これは単なる名前の羅列ではなく、経験豊富なデザイナーのポートフォリオの重要な部分を占めています。慣れ親しんだものに興味を持ってもらうことは、自分の作品を見てみようという気にさせる最良の方法です。 このサイトでは素晴らしい経歴を誇っていますが、それだけに頼ることはありません。いくつかの短い行の後に、UXポートフォリオの最も重要な部分であるケーススタディが表示されます。Lakasのケーススタディでは、彼の最も有名な作品の背景にある思考プロセスが明確な切り口で分かりやすく紹介されています。 Alex Lakasのポートフォリオサイトは彼のUXの仕事を反映した洗練されたデザインで、デザイナーが目指すべきものの好例となっています。

  1. Olivia Truong

Olivia Truongはプロダクトデザイナーです。彼女のポートフォリオに足を踏み入れた瞬間、彼女はそのことを明確にしています。彼女のウェブサイトや作品に通じるシンプルなファッションです。 TruongのUXポートフォリオには、引用文や証明書はありません。4つのプロジェクトが、美しくミニマルなデザインで展示されているだけです。また、「現場でイベントを管理するにはどうしたらいいか」といった疑問を投げかける見せ方は、まさにUXデザイナーが持つべき思考プロセスだと思います。彼女は一般的な問題に言及しながら質問を投げかけ、ケーススタディで解決策を提示しています。今回の事例では、イベントのチケット販売を管理するために開発されたアプリ「Ticket Manager」を紹介しています。 このケーススタディは、UXのケーススタディがどうあるべきかを示す完璧な例となっています。彼女は解決しようとした問題を説明しリサーチを行い、多くの画像を使ってデザインプロセスを詳細に説明しています。 Olivia Truongのポートフォリオは、UXデザイナーが提示すべきものを的確に示しています。このポートフォリオは彼女のプロセスを示すだけでなく、これから始めようとしているデザイナーに大きなインスピレーションを与えてくれます。もしあなたが1つでも完成したプロジェクトを持っているなら、この方法でプレゼンしてみてください。

idea design brainstorm 1
  1. Ed Chao

Ed Chaoは、Dropboxでの仕事で最もよく知られています。彼はDropboxのウェブインターフェイス、モバイルアプリ、そしてデスクトップアプリのUIをデザインしています。 Chao氏のポートフォリオで最も効果的なのはミニマリズムです。画像はほとんどなく、テキストもさらに少ないです。彼が提供するいくつかのケーススタディは短く、あまり詳細には触れられていません。しかし、彼のDropbox UXデザインの背景にある主要な機能やアイデアはしっかりと紹介されています。これはChao氏が何が重要で、何を削ればいいのかを理解していることを示しており、UXデザイナーとしての素晴らしい特徴です。 小さなことですが、Ed Chaoが重要視しているのは連絡先の情報です。彼のポートフォリオにアクセスすると、まず最初にEメール、LinkedIn、Twitterへのリンクが表示されます。これは、潜在的な顧客や採用担当者ができるだけ簡単に連絡を取れるようにするための、ポートフォリオウェブサイトの最も重要な機能の一つと言えるでしょう。

  1. Jung Hoe

Jung Hoeは、Wix.comのPlaygroundでUX/UIデザイナーとして活躍しています。彼のポートフォリオサイトは、言語を素早く切り替える挨拶文ですぐに目を引きます。 しかし、訪問者の興味を引くのはユーモアです。美しくアニメーション化された黄色い塊が跳ね回る背景で、彼は自分自身を「天才的な赤ちゃん」が「完全に成長したデザインオタク」に変身したものとして紹介しています。このセリフに込められた個性が、すぐにつながりを生み出し、もっと知りたいという気持ちを起こさせます。 スクロールダウンしていくと、このポートフォリオが、才能と遊び心にあふれたUXデザイナーのものであることがわかります。訪問者としては、UI/UXの仕事と「楽しい仕事」の間でスイッチを切り替えることができます。どちらも、彼がデザインしたさまざまなアプリや製品を紹介しています。プロジェクトをクリックすると、彼のリサーチ、思考プロセス、最終的なデザインや破棄されたデザインなど、詳細なケーススタディが表示されます。 UXプロジェクトを見るにしても、Hoe氏の「Fun Work」を見るにしても、最終的には「Make somethin’ fun together!」という目を引くコール・トゥ・アクションにたどり着き、遊び心のある「Hit Me Up!」ボタンで彼のEメールにつながることになります。 Jung Hoeさんのポートフォリオは、デザイナーが作品と同じように自分の個性をアピールする方法の一例です。しかし、それでも完璧にプロフェッショナルなUXポートフォリオサイトを維持しています。

process direction way path
  1. Jamie Choi

Jamie Choiのウェブサイトは、目的を達成するだけでなく、それ以上のものでもない、優れたUXポートフォリオのもう一つの例です。 Jamie Choi自身のシンプルなイラスト、秋のカラーパレット、そしてプロジェクトの紹介のシンプルさが、彼女のウェブサイトをスクロールする際の癒しや楽しみとなっています。 地元のパン屋さんのオンラインプラットフォームをデザインしたことなど、彼女が提供するケーススタディは、完璧に正確で詳細なものです。課題、リサーチ、分析、作業プロセス、そして最終的なデザインのアイデアまで、読者に分かりやすく説明しています。これらのケーススタディは、採用担当者やクライアントが見たいと思うような、非常に詳細な内容になっています。 崔さんのポートフォリオサイトを完成させるのは彼女のアバウトページです。このページはケーススタディと同様に、お客様に興味を持っていただくために必要な詳細が記載されていますが、決して威圧的ではありません。 Jamie ChoiのUXポートフォリオは、ポートフォリオサイトに必要な最も重要な2つのことを完璧にバランスさせています。彼女のプロとしての仕事のプロセスを深く知ることができると同時に、個人的な親近感も醸し出しています。

  1. Liz Wells

ブルックリン在住のデザイナーであり、Squarespace社のシニアプロダクトデザイナーでもあるLiz Wells。彼女のUXポートフォリオサイトは、驚くほどカッコ良いものです。 ホームページには5つのケーススタディが表示され、ユニークなタイポグラフィだけが使われています。プロジェクトの上にカーソルを置くと画像が表示され、カーソルを動かすとその画像がページ全体に広がっていきます。 Wellsのポートフォリオで最も印象的なのは、彼女のケーススタディです。例えば、「Sidewalk Toronto」のケーススタディは、短いビデオにまとめられています。さらに詳しく知りたい方は下にスクロールすると、手書きのサイトマップのスケッチがあり、続いてプロジェクトの説明、UXの課題と解決策が紹介されています。このケーススタディには、彼女のプロセスに命を与えるビジュアルが添えられています。 Liz WellsのUXポートフォリオは、デザイナーとしての彼女の個性を完璧に表現しながら、何の不満も感じさせません。

user laptop computer
  1. Jeremy Stokes

Jeremy Stokesは、Duolingoのプロダクトデザイナーで、GoogleでUXデザインのインターンをしていたこともあります。しかし、彼の仕事で最も特別なのは、彼の情熱的なプロジェクトである「Cultivate」です。 Cultivateでは、アフリカ系アメリカ人のメンタルヘルスを理解するための新しい方法を模索しています。このプロジェクトは他のケーススタディのように、問題の背景やプラットフォームのコンセプトを構築・設計するプロセスを詳細に説明しています。 またStokesのポートフォリオで際立っているのは、彼のプレゼンテーション能力です。彼のAboutページには、彼の好きなビデオゲームやアニメなどのイメージや参考資料がたくさん掲載されています。しかし、彼は経歴だけでは満足しません。彼のポートフォリオには見事な履歴書が含まれており、ケーススタディと同様にポートフォリオの一部となっています。 Jeremy Stokes氏のUXポートフォリオは、プロのポートフォリオと個人のウェブサイトの間を行き来し、見事にそれを実現しています。訪問者に自分の個性を示すことは、仕事を検討してもらえるか、何十人ものUXデザイナーの中で忘れられてしまうかの違いを生み出します。

  1. Siriveena Nandam

Siriveena Nandamは、分析的な要素を取り入れたUXデザイナーです。心理学のバックグラウンドを持つSiriveenaは、彼女のウェブサイトにあるように「人間の経験を向上させるデータ駆動型のソリューション」を作成しています。 彼女のポートフォリオを見ると、データが彼女の作品を貫く重要なパラメータであることがよくわかります。そのデザインは他の多くのUXポートフォリオと比べても、より技術的な雰囲気を持っています。 彼女のサイトをスクロールしていくと、いくつかのケーススタディが出てきます。これらはNandam氏のポートフォリオのハイライトであり、非常に詳細なものです。 超党派のニュースアグリゲーターである “Our National Conversation “は、Nandamが取り組む問題の典型的な例であり、ケーススタディにはケーススタディのあるべき姿がすべて盛り込まれています。ケーススタディには、ケーススタディに必要なものがすべて含まれています。簡単な要約の後、彼女のリサーチ、分析、ワイヤーフレーム、UIデザインに飛び込んでいきますが、これらはすべて、テクニカルプロダクトデザイナーに期待されるような詳細な内容です。 SiriveenaのUXポートフォリオは、深刻なテーマや技術的な情報を、デザイナーがいかに面白く表現できるかを示す刺激的なものです。遊び心のなさが訪問者の体験をまったく妨げず、競合他社との差別化に成功しています。

UXPinでUXポートフォリオをデザインする

UXポートフォリオをデザインしたい方は、14日間の無料トライアルに申し込んでみてはいかがでしょうか?体験するとすぐに、あなたのポートフォリオに加えるべきデザインツールがまた一つ増えたと実感するでしょう。

Still hungry for the design?

UXPin is a product design platform used by the best designers on the planet. Let your team easily design, collaborate, and present from low-fidelity wireframes to fully-interactive prototypes.

Start your free trial

These e-Books might interest you