Post Image

プロダクトデザイナーとUXデザイナーの比較分析

By tomotaka@xenon.io on 16th 12月, 2021
product designer vs ux designer

デジタルプロダクトデザインの役割として、プロダクトデザイナーとUXデザイナーという2つの職種があり、よく混同されます。基本的には、どちらも製品開発に焦点を当て、問題解決にデザイン思考プロセスを用いる職種です。 では、プロダクトデザイナーとUXデザイナーの違いは何なのでしょうか?あなたはどちらのポジションに向いているのでしょうか?また、あなたの会社では両方の役割を果たす必要があるのでしょうか?

  UXPinは、UXチームとプロダクトチームのコラボレーションを強化するために作られたデザインツールです。UXデザイナーとプロダクトデザイナーは、UXPinを使用して、デザインプロセスを通してコメント、タスクの割り当て、コミュニケーションを行うことができます。無料トライアルに登録して、デザインチームのためのUXPinのコラボレーション機能をお試しください。

Product designer

UXデザイナーとは?

UXデザイナーは、ユーザビリティの問題を解決し、製品が論理的な流れに沿っていることを確認することに重点を置きます。UXデザイナーは、お客様が個々の要素やコンポーネントをどのように操作するかを検討するユーザーインターフェースデザイン(UIデザイン)も担当します。 UXデザイナーは初期のユーザー調査や市場調査に深く関わり、ユーザーの問題を特定して理解し、それを解決するためのデザインソリューションを開発します。新製品や新機能の場合、UXデザイナーは、UI要素やコンポーネントのデザインを含め、コンセプトを実用的なプロトタイプに仕上げる責任があります。 ユーザーエクスペリエンスデザイナーは、認知心理学を学び、それがデザインやインタラクションにどのような影響を与えるかを研究し、ビジネス価値の機会を見極めながら、デジタル製品をお客様にとってより楽しいものにしていきます。

UXデザイナーの職務内容と責任

  • ユーザー、市場、競合他社の初期調査
  • ユーザーペルソナ、エンパシーマップ、ジャーニーマップの作成
  • ユーザーエクスペリエンスデザイン、インタラクションデザイン、ビジュアルデザイン、ユーザーインターフェースデザイン
  • 情報アーキテクチャの設計
  • ユーザーフローとナビゲーションの設計と最適化
  • UXライティング(まれに)
  • ユーザビリティテスト
  • ワイヤーフレームやモックアップの設計
  • プロトタイプ作成(ローフィデリティ、ハイフィデリティ)
  • デザインシステムガバナンス
  • 製品チームと協力して新製品や新機能の開発
  • デザインハンドオフのためのドキュメントやアセットの作成

UXデザイナーのスキルセット

  • 創造的かつ批判的思考
  • 問題解決能力
  • グラフィックデザイン
  • 様々なデザインツールを使いこなす能力
  • コミュニケーションとコラボレーション
  • プロジェクトマネジメント
  • 共感する能力
  • パブリック・スピーキング(インタビュー、プレゼンテーション)
  • 技術的に優れている
  • リサーチ力

米国におけるUXデザイナーの平均給与

Glassdoorによると、2021年における米国のUXデザイナーは平均年収95,944ドルを得ています。

UX Designer

プロダクトデザイナーとは?

プロダクトデザイナーは通常、既存のデジタル製品を扱う仕事です。UXデザイナーと同じような仕事をしますが、既存の製品の開発、新機能の設計、メンテナンスに重点を置きます。 また営業やマーケティングチームと密接に連携し、競合他社や市場、ユーザーの調査を通じてビジネスバリューの機会を見出します。デジタル製品が市場のトレンドやお客様の要望に合わせて進化し、競争力を維持するために重要な役割を担っています。 プロダクトデザイナーは、新しい要素やコンポーネントを設計するのではなく、ドラッグ&ドロップ式のデザインツールを用いて、既存のデザインシステムを利用してユーザーインターフェースを構築するのが一般的です。 PayPalのプロダクトチームは、UXPin Mergeを使用して製品インターフェースを構築しています。UXPin のデザインエディタを会社のリポジトリに同期させることで、製品デザイナーは完全に機能するコードコンポーネントを使用して新製品や機能を設計しています。 PayPal の製品デザイナーは現在、Merge テクノロジーの力を利用して、1 ページで完全に機能するプロトタイプを 10 分以内に構築しています。これは、経験豊富な UX デザイナーが一般的なベクトルベースのデザインツールを使用した場合の 8 倍の速さです。UXPin Mergeの詳細と、サインアップして貴社へのアクセスをリクエストする方法については、こちらをご覧ください。

プロダクトデザイナーの仕事内容と責任

  • 製品管理
  • 定期的なユーザー、市場、競合他社の調査
  • ユーザーのニーズに沿ったビジネスチャンスを特定するためのリサーチ
  • 製品が常に適切で最新の状態であることの確認
  • 製品ロードマップの作成と管理
  • 製品戦略の策定と実行
  • 製品の設計・開発が予算に見合ったものであることの確認
  • 製品による市場シェア、収益の増加、新規ユーザーの獲得方法の特定
  • 製品設計のための設計・開発プロセスおよび関連する制約条件の理解
  • 営業およびマーケティングチームとの連携 
  • ユーザーエクスペリエンスデザイン、ビジュアルデザイン
  • UXデザイナー、開発者、その他の関係者にアイデアや仕様を提示
  • UXデザイナーとのコラボレーションによるカスタマーエクスペリエンスの設計
  • ユーザビリティテスト
  • プロトタイプ(主にハイフィデリティ)のデザイン

プロダクトデザイナーのスキルセット

  • HTML、CSS、Javascriptの理解
  • クリエイティブでクリティカルな思考
  • 長期的な計画と戦略
  • プロダクトデザイン
  • 問題解決
  • プロジェクトマネジメント
  • 共感する能力
  • パブリック・スピーキング(インタビュー、プレゼンテーション)
  • 技術的に優れている
  • ビジネスの洞察力
  • データサイエンス
  • リサーチ力

米国におけるプロダクトデザイナーの平均給与

Glassdoorによると、2021年における米国でのプロダクトデザイナーは平均年収105,448ドルを得ています。

類似点と相違点

UXデザイナーとプロダクトデザイナーの間には、相違点よりも類似点の方がたくさんあります。 UXデザイナーとプロダクトデザイナーの最も大きな違いは、製品のライフサイクル(開発、導入、成長、成熟、飽和、衰退)における特定のタスクではなく、そのデザインの役割にあります。 UXデザイナーは、市場に出る前の製品や機能を開発します(製品ライフサイクルの開発段階)。一方、プロダクトデザイナーは製品の寿命が尽きるまで製品を管理し、改良し進化させます。 UXデザイナーは、デザインシステムの更新が必要な場合や、プロダクトデザイナーがユーザビリティの問題を解決するのに苦労している場合に、プロジェクトに戻ることが多い。

 

デザインアプローチ

  • UXデザイナーとプロダクトデザイナーは、人間中心のアプローチでデザイン思考プロセスを適用します。ユーザーのニーズに基づいて製品を設計します。
  • よくあることとして、UXデザイナーはユーザーを重視し、プロダクトデザイナーはビジネスニーズを重視すると勘違いされます。しかし、UXデザイナーもプロダクトデザイナーも、リサーチやデザインの際には常にユーザーとビジネスの両方を考慮します。
  • UXデザイナーやプロダクトデザイナーは、クロスファンクショナルなチームで仕事をすることが多いので、優れたコミュニケーションスキルが求められます。

リサーチ

  • UXデザイナーとプロダクトデザイナーは同じようなリサーチを行いますが、UXはユーザーや行動をより深く追求するのに対し、プロダクトデザイナーは市場や競合他社の分析に重点を置きます。
  • UXデザイナーは、製品がリリースされる前の早い段階でリサーチとユーザーテストを行います。
  • プロダクトデザイナーは新機能の実装やユーザーの課題解決、ビジネスチャンスの模索など、既存製品のテストを行います。

ツール

  • UXデザイナーは、主にデザインツールとテストツールを使用します。
  • 一方、プロダクトデザイナーはジェネラリストであり、デザイン、開発、マーケティング、ユーザーテストなど、さまざまなツールを使用します。

プロトタイピング

  • UXデザイナーはデザインプロセスを通じて、紙やデジタルを含むさまざまなプロトタイプを作成します。
  • 一方プロダクトデザイナーは、紙などの低忠実度のプロトタイプを使用することは少なく、製品のデザインシステムを利用して高忠実度のプロトタイプを作成することがほとんどです。

テスト

  • UXデザイナーは、製品や機能の発売前にユーザビリティテストを行い、ユーザーエクスペリエンスの要件を満たします。
  • プロダクトデザイナーは既存の製品をテストし、ユーザビリティの問題やビジネスチャンスを特定します。また、自らが設計した新製品やインターフェースのテストも行います。

  2つのデザインの役割には多くの重複がありますが、プロダクトデザイナーとUXデザイナーはどちらも組織に大きな価値をもたらします。UXデザイナーは製品の初期デザインを完成させた後、製品デザイナーにバトンタッチします。製品デザイナーは基本的に製品の管理者となります。 製品設計の初期段階ではUXデザイナーはユーザーとそのニーズに焦点を当て、デザインソリューションを見つけなければなりません。その解決策は、組織のビジョンやビジネスゴールに沿ったものでなければなりません。 プロダクトデザイナーもユーザーに焦点を当てますが、彼らは通常、UXデザイナーがユーザビリティの問題を特定して修正した製品を継承します。そのため、プロダクトデザイナーはビジネス価値や、製品の魅力と関連性を維持することに重点を置きます。 プロダクトデザイナーはジェネラリスト(デザイン、マーケティング、データ分析、コーディング、ユーザー行動)であり、UXデザイナーはユーザーエクスペリエンスのスペシャリストであると言えるでしょう。

 

UXPinによるデザインコラボレーション

UXPinは内蔵のドキュメント、デザインシステム、コメント(タグ付けと割り当てを含む)、プロトタイプのプレビューと共有などの機能により、UXチームと製品チームのデザインコラボレーションを強化します。 また、Mergeはデザインと開発のギャップを埋める強力な機能であり、製品チームのようなデザイナーではない人でも、完全に機能するハイフィデリティ・プロトタイプを簡単に作成することができます。 UXPin Mergeは、デザインエディタとリポジトリからのコードコンポーネントを同期させることで、組織全体が同じデザインシステムコンポーネントを使って作業できるようにし、単一の情報源を提供します。 エンジニアがリポジトリに変更を加えると、組織全体のデザインシステムが更新されます。全員が同じバージョンを使用しているため、Design Opsは各部門のデザインライブラリやシステムの更新を気にする必要がなくなります。 UXPin Mergeの詳細と、GitStorybookとの統合を通じてデザインエディタをお好みのテクノロジーと同期させる方法については、こちらをご覧ください。

 

UXPinを始めよう

UXデザイナーやプロダクトデザイナーにとって、コードベースのデザインがどのようにプロトタイピングやテストを向上させるかを知る準備はできていますか? UXPinの4つの強力な機能により、プロトタイプの忠実性と機能性を高めることができます。

  • ユーザーやキャンバスのアクションに応じて、要素やコンポーネントの異なる状態やプロパティをデザインできます。
  • 変数を使用してユーザーデータを取得・保存し、その情報に基づいて要素を更新する。
  • 条件付きのインタラクションやルールを設定して、二次的なインタラクションやアニメーションを引き起こします。
  • エクスプレッションを使用すると、ショッピングカートの更新やユーザー入力の検証など、プロトタイプにJavascriptのような関数を作成することができます。

今すぐチームでUXPinをお試しください。UXPinのコードベースのテクノロジーでデザイナーのコラボレーションを改善し、プロトタイプを強化するための無料トライアルにお申し込みください。

Still hungry for the design?

UXPin is a product design platform used by the best designers on the planet. Let your team easily design, collaborate, and present from low-fidelity wireframes to fully-interactive prototypes.

Start your free trial

These e-Books might interest you